特定非営利活動法人臨床器材研究所とは

 歯科材料・器械の研究、開発はめざましい進歩を遂げつつあり、新しい治療法の開発等が精力的に進められています。しかし、わが国においてはこれら治療技術の進歩が速やかに反映されにくく、歯科医療の前線を担っている開業歯科医、臨床医にむけて迅速かつ適切な情報伝達および技術提供がなされておりません。
 臨床器材研究所は、1986年に創立されて以来、歯科材料・器械の研究を集学的に行う事をその基本理念とし、基礎、臨床各分野を網羅、横断した研究体制の確立ならびに研究推進をその活動の骨子としてきました。当研究所の活動、研究により集積された知見は、主にインターネット上にて閲覧可能とするにとどまらず、関連諸学会においても報告し、開業歯科医を中心とする国内外の医療従事者、研究者への情報伝達を円滑に行っていきたいと考えております。
 上記の目的を積極的かつ効果的に達成するために、2013年に特定非営利活動法人格を取得し、特定非営利活動法人臨床器材研究所として新たなスタートを切りました。

What's new

[2016.7.29] 2016年度年間スケジュール更新しました

[2013.05.28] 臨床器材研究所のNPO法人化が認定されました。

メインメニュー

Copyright(C) Institute of Clinical Materials All Rights Reserved.